コンテンツへ
ナビゲーションを開く
In-Situシミュレーション

予期せぬ事態に備える

職場でのトレーニング ー 実際の環境で練習する

不測の状況に直面した時に迅速かつ正確に行動する能力は、患者ケアにとって重要です。どのように反応するかを知る唯一の方法は、実際の環境で練習することです。職場外でのシミュレーションでは、以下のような予測できない問題に対処することはできません。

  • 除細動器のバッテリがなくなったらどうするか。
  • 蘇生カートはアクセス可能で完全に在庫があるか。
  • モニターは見る必要がある人から見ることができるか。
  • チェストチューブがあるべき場所にない場合はどうするか。
In-situ simulation training

In-Situシミュレーション

In-Situシミュレーショントレーニングは、チームベースのトレーニングで、装置を使用する患者ケアユニットおよびユニットのリソースおよびヘルスケアチームから実際にかかわるメンバーに対して実施されます。


In-Situシミュレーションは、できるだけ現実に近い体験をすることを目的に通常業務中にチームの実際の現場環境で実施します。In-Situシミュレーションにより、信頼性と安全性が特に高いリスク領域で向上することができます。

SimMan ALS は、携帯性および耐久性の高いソリューションで、基本的な評価から高度な生命維持スキルにわたるまで、病院に入る前や病院内での救急治療を行うスタッフのトレーニングにおけるニーズを満たします。 

SimMan ALS製品ページをご覧ください

自分の環境での練習は、トレーニングをより現実的に行うことができます。

アン・ドーソン、小児集中ケアシニアスタッフ看護師、セント・メアリー病院―インペリアル・カレッジ・ヘルスケア

ディブリーフィングがキーである。

In-Situシミュレーションは医療従事者の反応に肯定的な影響を与え、安全性に関する態度、組織的パフォーマンスおよびチームワークを変えました。この種の訓練によりチームは、危機または低頻度/緊急性の高いイベントに対する準備において臨床的問題解決能力を確認し、強化することができます。構造化された報告は、簡素であり、簡潔さがIn-Situ訓練には欠かせません。

Debriefing

シンシナティ小児病院

シンシナティ小児病院は、in-situシミュレーションが重要なケアユニットの1つに与える影響に関する試験を行いました。in-situ訓練を行った結果、気づかれないまま見過ごされていた可能性のある100以上の隠れた安全性への脅威が発見されました。これらのエラーの特定は、エラーのリスクを減少し、患者の安全性を向上するモードの変化につながりました。

また、in-situシミュレーションは、断定的表現、役割の明確さ、頻繁なアップデートの実施、共有されたメンタルモデルの開発、高リスクの薬剤の独立したダブルチェックの実施およびチームメンバー間の権力勾配の克服といった、チームワーク行動を強化する方法を提供します。

詳細情報を希望します

ご希望の連絡方法を選択してください。

当社は、Laerdal のプライバシーに関する方針に則り、お客様の個人連絡先情報を慎重に取り扱います。